「 犬 」一覧

子供たちにペットが必要な理由がすぐわかる、すばらしい瞬間をキャプチャーした20件。

子供たちにペットが必要な理由がすぐわかる、すばらしい瞬間をキャプチャーした20件。

思いやり深く、愛情に満ちていて、物事にとらわれない動物たちは、子供にとっては最良の友人かもしれません。 ペットたちにとっても、自分と同じように、あるいは自分よりも小...

記事を読む

人間の優しいお話2つばかり。

人間の優しいお話2つばかり。

最初は、アメリカ、メリーランド州のシェルターに収容されていたシニア猫のお話。 11歳のモジョと、16歳のマックスは親友。 高齢の猫は里親が見つかりにく...

記事を読む

メリークリスマス♥︎ レスキュー犬とペット写真家が教える、クリスマス休みの過ごし方。

メリークリスマス♥︎ レスキュー犬とペット写真家が教える、クリスマス休みの過ごし方。

エルピーダさんは、ペットを専門に撮影する写真家。 エルピーダさんはギリシャのアテネに拠点をおいて活動しているのですが、彼女の相棒はアテネのシェルターから引き取られた...

記事を読む

劇的すぎるよ。ペットのためのフィットネスクラブで痩せたワンコ&ニャンコのbefore-after。

劇的すぎるよ。ペットのためのフィットネスクラブで痩せたワンコ&ニャンコのbefore-after。

みなさんのおうちのハラペコニャンコも、空のお皿の前で哀れっぽく泣くくくらいの技は当然身に付けていると思います。ペットの体重は、人間の忍耐力に反比例する。 …という世...

記事を読む

決してこんな事をしないで。捨てられた犬の運命〈閲覧注意〉。

決してこんな事をしないで。捨てられた犬の運命〈閲覧注意〉。

この子はゴールデンレトリーバーの9歳の雌。ハンガリー、ブダペストの郊外でさまよっていた子です。 ほどよく太っていて、つやつやの毛皮で、賢くて優しい目をしたゴ...

記事を読む

オッドアイ、あるいは異なる2色の目を持つ動物たち。

オッドアイ、あるいは異なる2色の目を持つ動物たち。

動物の目というのは、ごくごく普通のありふれた色でも宝石みたいにきれいなものですが、とりわけ美しい目をした動物の写真がアップされていたのでご紹介。 きれいすぎて、びっ...

記事を読む

保護犬っていいよ? ドイツの女性写真家が撮影した美しい保護ワンコ写真。

保護犬っていいよ? ドイツの女性写真家が撮影した美しい保護ワンコ写真。

ミュンヘンに住む、写真家のビアンカ・コーテさんは、レスキュー犬を撮影してカレンダーを製作、販売するプロジェクトを自分に課した。そんなビアンカさんのポリシーは「どんな犬も(...

記事を読む

ネパールの犬の日「ククル・ティハール」の幸せ感。

ネパールの犬の日「ククル・ティハール」の幸せ感。

10月の後半から11月の始め。ネパールでは「ティハール」と呼ばれるヒンズー教のお祭りが催される。 「ティハール」はいわゆる収穫祭。 吉祥の女神であるラ...

記事を読む

犬を飼わないなんてもったいない。赤ちゃんと犬は最強タッグよ。

犬を飼わないなんてもったいない。赤ちゃんと犬は最強タッグよ。

私が子供頃、両親は動物の飼育を嫌っていたので、非常に辛い思いをしました。 親戚も動物を飼うなんてバカのすること、という考えの人が多く、特に赤ちゃんが生まれるような家...

記事を読む

泥にはまって動けない犬を救出。ブラジルの鉱山ダム決壊事故。

泥にはまって動けない犬を救出。ブラジルの鉱山ダム決壊事故。

11月10日。 ブラジル南東部ミナスジェライス州パラカトゥ・デ・バイショで、鉱山の採鉱廃棄物をためていたダムの決壊事故が起きました。 有毒物質を含んだ泥流が近...

記事を読む

家族になれなかった…。シェルターに戻されて打ちひしがれる犬の写真が話題に。

家族になれなかった…。シェルターに戻されて打ちひしがれる犬の写真が話題に。

メキシコで生まれ、ゴミ箱のような場所から救い出されて、カナダにやってきたラナ。 彼女は5ヶ月半のときに暖かい家庭に引き取られた。しかし残念な事にうまくいかな...

記事を読む

犬たちの現実、彼らのために奔走する人々。映画「犬に名前をつける日」。

犬たちの現実、彼らのために奔走する人々。映画「犬に名前をつける日」。

愛犬・ゴールデンレトリーバーのナツを重い病気で亡くし、傷心のテレビディレクターの久野かなみ(小林聡美)は、何をしようにも気力が湧かない。そんなとき、大先輩の映画監督渋...

記事を読む

ブカレストで死に瀕していた犬650頭を救う、芸能人のツイート。

ブカレストで死に瀕していた犬650頭を救う、芸能人のツイート。

虐待を受けたり、病気や飢えに苦しむ犬が、ルーマニア・ブカレストにあるオダイ・パブリック・シェルターに収容されることになった。 その数、650頭(え!? ご飯も...

記事を読む

500kmを徒歩で避難して来たシリアの少年と犬。

500kmを徒歩で避難して来たシリアの少年と犬。

災害でも戦争でも、私はどうしてもその土地で生きていた動物やペットのことが気になるんだけど、boredpandaでこんな記事を見つけたのでアップしておきます。 ...

記事を読む

レスキューでこんなに変わる。アニマルエイド・アンリミテッド・インディア。

レスキューでこんなに変わる。アニマルエイド・アンリミテッド・インディア。

インド、ウダイプールの道路の脇に座り込んでいた一頭の犬。 治療をすれば劇的に良くなります 疥癬(ヒゼンダニによる感染症)のために皮膚が黒ずみ、被毛は失...

記事を読む

スポンサーリンク
ad