「 猫 」一覧

般若? おもしろ柄の猫ウィテクの物語り。

般若? おもしろ柄の猫ウィテクの物語り。

猫の毛柄って意外と重要で、あんまりユニークすぎるとなかなか貰い手が見つからなかったりします。悲しい事だけど。 見てのとおり、ウィテクは日本だったら般若かって...

記事を読む

片目の猫。世界で一番素晴らしい海賊。

片目の猫。世界で一番素晴らしい海賊。

2013年の嵐の日、ポーランドで、一人の女性が子猫を保護した。 子猫は灰色に汚れ、怪我をしていたけれど、女性の足下に警戒心をまったく見せずにすり寄って来たので、動物...

記事を読む

猫たちの魅力を引き出すユニークな帽子。

猫たちの魅力を引き出すユニークな帽子。

カメラマンのシャイナ・フィッシュマンさんと、スタイリストのレン・ブレシュクさんによる、保護猫のためのプロジェクトがステキすぎて震えちゃう。 どんなプロジェクトかとい...

記事を読む

ハイキング、サーフィン、キャンプ、クライミング。冒険猫!

ハイキング、サーフィン、キャンプ、クライミング。冒険猫!

シェルターの猫の引き取り手を積極的に増やすため、「猫は犬のようには人間と一緒に行動できない」という固定観念を打ち消そうと、活動している人たちがいます。 私的にもちょ...

記事を読む

キングス猫ハウス2。家族を待つ子猫たち。

キングス猫ハウス2。家族を待つ子猫たち。

以前エントリした、アメリカはカリフォルニア州の猫保護シェルター、キングス猫ハウスの紹介記事の続きです。 カリフォルニア州のシェルター、キングス猫ハウスがすごい。...

記事を読む

[日記]こんぶ、ありがとう。

[日記]こんぶ、ありがとう。

先日保護した猫の昆布は、男の子だと思ったけど、女の子っていうか、おばあちゃんでした。 保護したときは、超!動揺していたんだなあ、私。 多分、15歳以上...

記事を読む

素晴らしき黒猫たち。

素晴らしき黒猫たち。

黒猫は不吉と考えられているアメリカでは、黒い猫は人気がなく、引き取り手がないために安楽死となる確率が高いのだそうです。 カメラマンのケーシーさんは、そんな迷信に対抗...

記事を読む

交差点で咄嗟に子猫を守ったバイカー女性。全然間抜けじゃない!ありがとう。

交差点で咄嗟に子猫を守ったバイカー女性。全然間抜けじゃない!ありがとう。

交差点の一番前で信号が変わるのを待っていたバイカーの女性。 女性が突然何かに気がついて、反対車線の車を止める。 驚いたことに、...

記事を読む

[日記]今年の秋もルーキーが来た。新しい猫を保護したよ。

[日記]今年の秋もルーキーが来た。新しい猫を保護したよ。

こんばんわ。えりりです。 いつもブログを読んでくださってありがとうございます。 twetterで少しつぶやきましたが、朝、駅に向かっていたときに、道ば...

記事を読む

レスキューbefore after写真集。なにより、表情がまったく変わる。

レスキューbefore after写真集。なにより、表情がまったく変わる。

心細い時、悲しい時と、愛する家族と一緒にいて安心しているときで表情がまったく違うのは、人も猫も同じです。 レスキューされた猫は、外見も大きく変わりますけど、なにより...

記事を読む

レスキューされたら、フェレットが家族になったよ。

レスキューされたら、フェレットが家族になったよ。

小さな雌の子猫が保護された。多分5〜6週くらい… 子猫を保護したおうちには、5匹のフェレットがいたので、 子猫はフェレットたちに育てられること...

記事を読む

カリフォルニア州のシェルター、キングス猫ハウスがすごい。

カリフォルニア州のシェルター、キングス猫ハウスがすごい。

アメリカ・カリフォルニア州キングス川沿いに、12エーカー(約48000㎡)の広大な敷地を持つ、ペットシェルターがある。 このペットシェルター、キングス猫ハウ...

記事を読む

動物園に忍び込んだら友達が出来た。ネコとリンクスのスペシャルユニット完成。

動物園に忍び込んだら友達が出来た。ネコとリンクスのスペシャルユニット完成。

ある日、ロシア・サンクトペテルブルク動物園に、お腹をすかせた一匹の野良猫が忍び込んだ。 猫が忍び込んだ先は、ヨーロッパリンクス(オオヤマネコ)のケージ。 ...

記事を読む

何故人はペットを飼うのか。

何故人はペットを飼うのか。

かわいいってなんなんだろう? 驚くほど愛情表現が豊か ペットの愛情表現は驚くほど豊かです。 とびっきりの笑顔を惜しげ無く見せてくれるし、やさしく顔や身体をすりつ...

記事を読む

子猫を拾ったら〈1〉

子猫を拾ったら〈1〉

子供の頃、拾った子猫を元の場所に戻してきなさい、捨てて来なさい、と親に言われた事はいい大人になった今でもまだトラウマです。 まだ小さい一人では生きていけない...

記事を読む

スポンサーリンク
ad