北極圏の動物に会える森のサファリ、ポーラーパーク。


6a49b5fd0d-IMG_0982

ポーラーパークは、北欧、ノルウェーのパッドゥという町にある、世界でも珍しい北極圏の野生生物専門の保護センター。

ここは、郊外の豊かな森を利用したウォーキングサファリで、ガイドの支持に従って、野生動物のケージ(といっても、森の一部をそのまま使用した、かなり広いもの)に入って間近で動物を観察したり、撮影することができるという、動物好きにはたまらない施設です。

054cd18dcf-Tommy Simonsen

このポーラーパークに保護されているのは、絶滅が心配されているヨーロッパオオヤマネコ、

Lodjur fotograferd på Polar Zoo Nordland Norge

ba725434f1-Lga

ヨーロッパヒグマ、

ca04f5f093-216381_573044092730256_1838432656_n

ソルト&ペッパーと呼ばれる男女の双子のクマ。女の子のソルトちゃんはアルビノ。

そしてノルウェーオオカミ。

8be26f32c4-9017_photo Peter Rosen_LapplandMedia

柵に入ってオオカミと触れ合ったり、オオカミの遠吠えを聞くツアーは大人気だそう。

95f149c69b-922240_170768029751427_1908553071_o c18e85b8cd-Auro3 Dan6fdfecac52-Wolf_Aurora_photo Peter Rosen

photo:Peter Peter Rosen

その他、トナカイ、ムース、ヘラジカ、キツネなど、多くの動物たちが暮らし、ホテルなどの人間向け施設も整いっているそうで、ぜひ冬にこもってオーロラを見ながらオオカミをモフモフするという贅沢をしてみたいな。

記事転載元:どうぶつのくにPOLAR PARK

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA