法廷で、犯罪被害者を支える犬たち。


courthouse-dogs-calm-witness-victim-ellen-oneill-celeste-walsen-22

犯罪被害者が法廷で証言する時、被害者は、過去に体験した衝撃的な出来事を詳細に思い出さなくてはならない。

それは生理的には、出来事の再度体験することと同じで…言うまでもなく、とても残酷なこと。

アメリカには裁判所犬(Courthouse-dog)と呼ばれる犬たちがいて、裁判の時、多大なストレスにさらされる被害者に寄り添い、勇気づけてくれる。

courthouse-dogs-calm-witness-victim-ellen-oneill-celeste-walsen-23

犬が一緒にいることで、被害者はリラックスすることができる。

courthouse-dogs-calm-witness-victim-ellen-oneill-celeste-walsen-27

被害者の不安を軽減させてくれる裁判所犬。

courthouse-dogs-calm-witness-victim-ellen-oneill-celeste-walsen-35

courthouse-dogs-calm-witness-victim-ellen-oneill-celeste-walsen-26

裁判所犬を訓練し、管理しているのは非営利のボランティア団体で、犬たちは専門家による2年間の訓練が必要だそうです。出入りする場所が法廷だもんね。

courthouse-dogs-calm-witness-victim-ellen-oneill-celeste-walsen-30

ほとんどがラブラドール、ゴールデンレトリーバー。

courthouse-dogs-calm-witness-victim-ellen-oneill-celeste-walsen-33

2004年から始まったまだ新しい取り組みですが、裁判所犬の活躍に期待したいです。

courthouse-dogs-calm-witness-victim-ellen-oneill-celeste-walsen-34

訓練を受け入れ、献身的に働いてくれる犬たちって気高いね。

転載元:Boredpanda

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA