[日記]猫と全然関係ないけど、安保法案の件で思ったこと。


loggerhead-turtle-123402_640猫とは関係ない事ですが、ここ数ヶ月、SNSに流れる攻撃的な言葉に密かに疲弊してました…

スポンサーリンク
ad

自分で考えたらこうなっただけ

原因は安保法案で、そんな私は集団的自衛権の行使に賛成(つまり安保改正賛成)。

批判されると思いますが、憲法9条も改正すべきと考えています。

別に騙されてるわけでも、勉強不足というわけでも、適当に判断したわけでもなく、自分でいろいろ調べて考えた結果こうなりました。

両親は共産党員で「九条の会」関係者、日○組の強い県育ちということもあり、家族には悪魔のように罵られます。

でも自分なりに突き詰めて考えると、安保改正には賛成せざるを得ません。

そういう考え以上でも以下でもありませんが、批判は恐ろしく思ってました。

(ので、周囲には黙ってました。ごめんなさい)

でも黙ってても批判されることがわかったので、カムアウトしてしまいます。

ストップ、人格攻撃

しかし視点を変えれば、反対派はよくあんなに暴言を流せるなあ〜と、数ヶ月間疲弊しましたが、ある意味感心しました。

もしかしたら賛成派も攻撃的言説を垂れ流してたかもしれません。私はあんまり見なかったけど。

どちらにしろ、人格攻撃で、自分と異なる意見を封じようというのは間違い。

あれが牽制だとしたら、間違ったやり方だと思います。

全員一致しなくてもいいんじゃないかな

lizard-804114_640

でもまあ、どんなに論理的に話し合っても、考え方が異なる、感性が異なるっていうのはあります。

というか、それが普通です。全員一致とか、その方がこわい。

そういう意味では2つ3つ、拮抗してるくらいのが、社会として健全だろうと思ってます。

そしてだからこそ多数決ってのが大事なんだとも。

意見や考え方は全員一致じゃなくてもいい、そのかわり、一度決したら状況が大きく変わるまでノーサイド。

…っていう風になればいいな、と思ってます。個人的にはね。

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA