500kmを徒歩で避難して来たシリアの少年と犬。


syrian-refugee-aslan-puppy-rose-500-km-greece-lesbos-2

災害でも戦争でも、私はどうしてもその土地で生きていた動物やペットのことが気になるんだけど、boredpandaでこんな記事を見つけたのでアップしておきます。

少年と犬はシリア難民で、このインタビューが撮影されたのはギリシャ・レスボス島の難民キャンプとのこと。

アスランと名乗る少年は、ハスキーの子犬を連れて500kmをたった一人で、徒歩で避難して来たそうです。

syrian-refugee-aslan-puppy-rose-500-km-greece-lesbos-1 syrian-refugee-aslan-puppy-rose-500-km-greece-lesbos-3

ブロークンな英語で詳細はわかりませんが、こうして動物を見捨てないで避難して来た少年がいることは、すごく希望です。

彼の家族は? どうして一人なの? と、すごく気になることもたくさんですけど…

アスラン君は子犬のローズといっしょの難民受け入れを希望しているそうです。

彼が安全な場所で家族に再会できることを願ってやみません。

syrian-refugee-aslan-puppy-rose-500-km-greece-lesbos-gif-1 syrian-refugee-aslan-puppy-rose-500-km-greece-lesbos-gif-3

転載元:boredpanda

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA