動物園に忍び込んだら友達が出来た。ネコとリンクスのスペシャルユニット完成。


A-Lyx-At-St.-Petersburg-Zoo-Befriends-A-Local-Cat1__605

ある日、ロシア・サンクトペテルブルク動物園に、お腹をすかせた一匹の野良猫が忍び込んだ。

猫が忍び込んだ先は、ヨーロッパリンクス(オオヤマネコ)のケージ。

リンクスはとても獰猛な動物で、写真を見てもらえば分かる通り、同じネコ科に属するとはいえ、イエネコとはまったく違う生き物です。

それでも同じネコ科としてビビっと来るものがあったのか、なんなのか。

不思議なことにリンクスは猫に自分の餌を分け与え、2ニャンは親友になってしまった。

512

A-Lyx-At-St.-Petersburg-Zoo-Befriends-A-Local-Cat__605A-Lyx-At-St.-Petersburg-Zoo-Befriends-A-Local-Cat2__605

2ニャンの仲睦まじい様子に感動した動物園は、イエネコを引き取ることに。

というのも粋な計らいですごいのですが、こんな仲睦まじい様子を見せられたら、とても引き離すなんてできませんね。

そんなわけで、リンクスとイエネコは動物園で一緒に展示されるようになり、2ニャン(?)の仲良しぶりがお客さんに大好評。

2ニャン(?)は、それはそれは大人気になり、動物園も大喜び。

こういうのをwin-winていうのだな、きっと。

なんて穏やかな顔のオオヤマネコ。

動物にも孤独っていうのがあり、友情によって癒やされたんですね。

一人じゃないって大事。良かったね!

転載元:boredpanda

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA