各地で続く動物虐殺事件を少しでも防ぐために。虐待で死亡したと思われる動物を見つけたら。


cat-950742_640

最近、動物虐待関連のニュースが増えています。

東京、千葉、神戸などで、虐待によって殺されたと思われる猫やウサギ、鳥などの死骸が見つかったニュースが頻繁に報道されています。許せないですね。

それと同時にすごく怖いのも確かです。

動物虐待は、人間に対する凶悪犯罪の前兆とも言われていますし、何より動物を敢えて傷つける事に喜びを感じる人間が自由に闊歩していること自体が怖い…

警察は捜査を続けているそうですが、さて、では動物虐待で死亡したとおぼしき動物の遺骸を見つけた場合はどうしたらいいのかを調べてみました。

スポンサーリンク
ad

警察に通報し、現場を確認してもらう

言う間でもありませんが、みだりに動物を傷つける事は動物愛護法違反です。

警察に通報し、捜査を要請します。

1. 事件現場の証拠を保存

発見した時点での事件現場の状況を写真や動画で証拠に残します。

これは、警察が到着するまでに現場の状況が変わってしまった場合や、警察が来てくれなかった場合の証拠とするためです。

撮影で気をつけるポイントは、

  • 現場の位置
  • 周辺状況
  • 動物の死体の状況
  • 傷の部位や程度

現場保存ができたら、最寄りの交番に出向くか、警察署に通報して、担当部署(生活安全課)の警察官に事件現場に来てもらうよう説明しましょう。

その際、できる限り感情的にならず、状況説明に努めるのがコツです。

警察官とケンカするのはNG。

animal-881447_640

2. 警察官に発見した時の状況を説明

警察官が現場に来たら、改めて見つけたときの状況をあなた自身が説明します。

警察官からの質問にも応えてください。

警察官にも写真を撮影してもらう必要があります。

3. 捜査を要請

警察官に対し、動物愛護法第44条1項にある「動物殺傷罪」で事件を捜査するよう要請します。

まれに、動物愛護法をよく知らない警察官もいますけど、こちらのページを見せて説明しましょう。

怒っちゃダメ。

動物の愛護及び管理に関する法律 罰則

cat-783704_640

4. 警察に周辺住民への注意喚起を依頼

事件の発生を知らせる看板を設置する、周辺地域の自治会に回覧板をまわすなどして、注意喚起と情報提供を促すよう依頼してください。


…と、ちょっとまとめてみただけでも大変ですが、これ以上犠牲になる動物を増やさないよう、もし疑わしい動物の死骸を見つけ時は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

悪質な場合や、警察の対応がイマイチな場合は、告発手続きの検討も必要になると思います。

そうなるとこれまた大変ですが、犯人逮捕、再発防止のためだからしょうがないと思って専門の帰還、あるいは動物愛護団体にご相談を。

私もできることはなんでもいたします。

動物虐待の防止を心から祈って。

記事転載元:凶悪事件の前兆? 猫などの変死見つけたら、まず写真、通報!(弁護士・細川敦史)

※当ブログの読者に合わせて文章を編集させていただきました。有益な情報をありがとうございます。

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA