アフリカ、囚われのライオンたち。


ジンバブエ政府は、セシルを射殺したアメリカの歯科医師ウォルター・パーマー氏の訴追を見送りました。

人気ライオン殺した米歯科医、訴追見送り ジンバブエ当局

 しかしムチングリ環境相は12日記者団に対し、パーマー氏がジンバブエ入りした際の書類に「不備がなかった」ことを明かし、同氏に対するいかなる法的措置も講じない方針を発表した。さらにムチングリ氏は、「今後狩猟割り当ての設定方法の見直しを行っていく」意向を示した。

問題はトロフィーハントが合法ってことです。

ナショナルジオフラフィック(英語版)
囚われたライオンたちの生活は…

01bloodlions.ngsversion.1437582600381.adapt.1190.1

英語記事ですがメモ代わりに。

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA