保護犬・保護猫をペットショップへ。ブラジルの社会的ドッキリがすごく興味深かった。


ブラジルの動物保護団体「クアトロ・パティナス(Quatro Patinhas:4本足の意味)による、「プライスレス・ペット」プログラムの紹介動画です。

プライスレス・ペットは、保護した犬・猫を、ペットショップの協力を得て、血統犬・猫の一緒に展示して無料で販売する試み。
お客さんには選んだ保護犬・猫のことは知らせません。
ボランティアに関わったり、興味のある人には、ペットに血統書は関係ないことは当たり前ですが、さて、一般の人にはどうだったでしょうか。

0517_02

お父さん「あの斑の犬を買いたいんだけど」

0517_06
店員「はい、無料ですよ」

0517_03

男性客「無料!?」
店員「そうですよ!」

0517_01

女性客「本当に?」

0517_04

みんな嬉しそう!

大事なことは、目の前の動物を家族として迎えたいかどうかであって、血統じゃない、ということがよくわかります。
自分のニャンコ(ワンコ)はプライスレスです。

それにしても、ペットショップかあ…生体販売に反対している物としてはちょっと複雑です。
でも過密なシェルターで里親さんを待つよりも、展示販売なんて辛いだろうけど、がんばった方がいいのかな。

とかね。考えちゃいますね。

転載元:Buzzfeed 「ペットショップドッキリで、一部のペットを保護動物に入れ替えてみた」

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA