ネズミだって働くよ!地雷除去の専門家ヒーローラット。


27hero-rats-bomb-demining-africa-apopo-27

スポンサーリンク
ad

「働く動物」の話が好きです

動物を働かせるのは人間の都合ですけれど、自分の得意なこと、優れたところを活かして仕事をする姿は、動物であっても誇らしそうだし、生き生きとしていて美しいです。

人間の方も動物に感謝して大事にする。その関係もまた美しいなと思う訳です。

というわけで、今回は、アフリカ産の大型ネズミの話。

紛争地帯で地雷を除去する彼らは、人呼んでヒーローラット

10hero-rats-bomb-demining-africa-apopo-10

ベルギーのNGOが1997年以来、このラット(ネズミ)を訓練して、地雷除去に活用しています。

最初にお断りしておきますと、この仕事で死んだヒーローラットはいませんので安心してくださいね。

普通、地雷は5kg前後の重量がかからなければ爆発しませんが、一番大きな雄のラットでも1.5kg以上にならないように体重を管理されています。

夜行性のヒーローラットのため、耳の皮膚には日焼け止めが塗られてます。

ラットたちはしっかり健康管理されています。

34hero-rats-bomb-demining-africa-apopo-39

20分で200㎡の面積の土地をチェックするヒーローラット。

13hero-rats-bomb-demining-africa-apopo-13

大きい(驚

ヒーローラット1匹の訓練にかかる費用は6000(約85000円)ユーロで、結構なお値段…でも、人間が除去するよりもずーっと効率が良くて、正確なんだとか。

22hero-rats-bomb-demining-africa-apopo-22

2hero-rats-bomb-demining-africa-apopo-2

皮膚がんにかかった場合は手術します。皮膚の薄い耳が危ないそうです。

20hero-rats-bomb-demining-africa-apopo-20

ヒーローラットは4〜5年働くと、就業意欲が薄れてしまうんだとか。つまり、老いてしまうのでしょう。

そうしたら引退となります。

28hero-rats-bomb-demining-africa-apopo-28

引退後は美味しいフルーツを食べて過ごすそうです。

かわいい♥️

ヒーローラットの育成を行っているAPOPOでは、7ユーロの寄付を募ってますので、興味のある方はAPOPOのサイトをご覧くださいね。

記事転載元:BoredPanda ヒーローラットは、地雷から1000人の命を救う

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA