お別れなんて信じられない。友達を生き返らせようとするインコ。


動物と一緒に暮らしていたら誰だって、彼らに心があることがわかります。みんな喜び、や愛情をちゃんと持っています。

悲しみや怒りや恐怖も。

動かなくなった友人を守ろうと飼い主を攻撃し、取り返した後は動かなくなった友人を懸命に起こすインコ。

この子に心がないなんて、いったい誰が言えるでしょう。

でも、動物を無惨に扱う人たちはみんなそれを認めません。

動物には知性も心もないと。

動物には本能しかない。痛みを感じたら悲鳴を上げるかもしれないが、それは人間の恐怖や絶望とは違うものだと。

動物に尊厳を認めることがなぜそんなに難しいのか。

私にはちっとも理解ができないのです。

転載元:MetroUK

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA