綿毛みたいにフワフワモフン。 タウニー・ガマグチヨタカの赤ちゃんがかわいい。


tawny-frogmouth-birds-30__700

オーストラリアに住む夜行性の鳥、タウニー・ガマグチヨタカ(Tawny frogmouth)の赤ちゃんです。

ガマグチヨタカは見た目からしばしばフクロウと、名前にタカが付く事からタカの仲間と間違われますが、フクロウでもタカでもありません。てゆうか、猛禽類ではありません。たしかに、猛禽というには緩い…体型が……

ただし、フクロウと同じく、音を立てずに空を飛ぶ事ができるそう。ナニソレちょっとこわい。

でも見た目はかわいすぎて正視できないレベル。

tawny-frogmouth-birds-28__700tawny-frogmouth-birds-31__700

はぁはぁ。

このかわいいモッフンモッフンが、両親の愛の元、育っていくと、
(夫婦はどちらか一方が死ぬまで維持されます。死が二人を分つまで。愛情深い鳥なんですねえ〜)

tawny-frogmouth-birds-25__700tawny-frogmouth-birds-311__700tawny-frogmouth-birds-26__700tawny-frogmouth-birds-32__700

こうなっていき、

tawny-frogmouth-birds-35__700tawny-frogmouth-birds__700

最終形態はコレ(左側の子は多分アルビノ。カートゥーンに出てきそうだ)。

日本語では「ガマグチ」、英語では「frogmouth:フロッグマウス(カエル口)」と呼ばれる特徴的な口元がキュートですね^^

蚊やハエ、ワームなど、害虫を主食としているため、オーストラリアでは害虫駆除に期待されているそうです。

tawny-frogmouth-birds-241__700

平べったいカエル口と大きな目、ずんぐりモフモフした羽毛…大人になってもぬいぐるみみたいな、タウニー・ガマグチヨタカには、日本だと埼玉県こども動物自然公園などで飼育されています。

転載元:boredpandaタウニーガマグチヨタカ

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA