決してこんな事をしないで。捨てられた犬の運命〈閲覧注意〉。


この子はゴールデンレトリーバーの9歳の雌。ハンガリー、ブダペストの郊外でさまよっていた子です。

be-a-hero-for-an-abandoned-golden-retriever__700

ほどよく太っていて、つやつやの毛皮で、賢くて優しい目をしたゴールデンを見慣れていると信じられませんが、きちんとしたケアをされていなければ、ゴールデンでもこんなになってしまうのです…

おそらく放棄されたのでしょう。

数年前まで、ブタペストで飼育されるゴールデンは少なく、希少性から人気があり、大切にされましたが、今では飼育放棄され、郊外に捨てられる子が後を絶たないそうです。ひどいね。

be-a-hero-for-an-abandoned-golden-retriever-2__700be-a-hero-for-an-abandoned-golden-retriever-3__700

乳腺腫瘍、疥癬、重度の感染症、中耳炎にかかっています。

動物も人間と同じで、過酷な環境で生活すれば、すぐに健康を損ないます。特にこの子のように、大人になってから遺棄されたような子は。

be-a-hero-for-an-abandoned-golden-retriever-4__700

幸いなことに、この子はシェルターによって保護されました。今は里親さんを探している最中だそう。

時々、殺処分するよりは捨てる方がまし、という人がいます。こんなに苦しい状態で、死ぬまでさまよわなくてはいけないのが「まし」でしょうか? ましでもなんでもありません。飼育放棄も遺棄も、殺してるのと同じことです。

少しでも飼いきれないと不安に思う要素があったら、最初から飼わないこと。

思いとどまるのも、英断です。

どうかローラさんに幸せが訪れますよう。。。

転載元:boredpanda

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA