[まとめ]2015年12月の人気エントリー10件


いつも「猫園で待ってる」を読んでくださって、ありがとうございます。今年も元気に猫や動物のニュース、お伝えしていきたいと思います😊

さて1ヶ月に1度の人気記事まとめです。

12月はプレゼントシーズンだったせいか、意外な記事がよく読まれたようです。

スポンサーリンク
ad

10位 ボブさんが最高ですよね

犬とインコとハムスターのいる優しい風景。
ボブさんたちの優しい生活 ブラジル、サンパウロに住むボブさんは、とってもフレンドリーなゴールデンレトリーバー。彼の家族は8羽のインコと1匹のハムスター、そして人間。 ...

ゴールデンのボブさんに癒やされる。わかる。すごくわかる。

9位 何故か人気ワード

自分も危ないかも…。アニマルホーダーにならないよう気をつける。
NHK 特報首都圏 2015年6月12日 多頭飼育崩壊~ペットの飼い主になにが~ 見てみました。 1. 多頭飼育崩壊とはなにか 事例紹介 ...

この記事がよく読まれているのは、皆さんも私と同じく不安なんでしょうか…

8位 保護猫をよろしくお願いします

猫の里親になろう*保護猫をもらうメリット・デメリット〈1〉
28403 / Pixabay 猫を飼うなら、行き場のない猫を引き取りたい と思っている人は多いのですが、保護猫のこと、猫ボラのこと、ペットの里親探しで定番に...

7位 安定のフワモフ

ネコ科最古の種・マヌル猫がモフモフしててかわいい件。
マヌル猫ってご存知ですか? 別名モウコヤマネコというとおり、シベリア南部、モンゴルなど、中央アジアの海抜3000mくらいの高原に住む猫で、ネコ科の動物としては最も古い種...

マヌルネコの安定っぷりは本当にすごいです。こんなに長い事読まれるとは…

野生動物シリーズでは、ヤマネたんも可愛いので、ぜひ読んでほしい。冬はネットのあちこちでヤマネ遭遇レポートがあがっていて和みます〜

日本ちっちゃいもの倶楽部。不思議な山の守り神ニホンヤマネ。
日本の山には、ヤマネ、というちょっと不思議な生き物が住んでいます。 冬眠前で動きが鈍くなり、人間の手の上(手袋の上)でゴロンとうたた寝するヤマネ…これで野生生物...

6位 大型猫だって助けなきゃ

ピューマ、クーガー、ボブキャット。希少な大型ネコ達をレスキューする、ビッグキャットレスキュー。
アメリカの大型猫たちの過酷な現実 アメリカでは、エキゾチックなペットとして、ボブキャット、クーガー、レパードなど、希少なネコ科の動物が人気で、彼らを取引するマーケットや...

アメリカではピューマやジャガー、リンクスなど、希少な大型ネコ科をペットにする人が後を絶ちません。また、残念ながら毛皮需要も根強く、虐待や違法取引が横行しているそうです。

ビッグキャットレスキューは大型ネコ科獣を守るために活動しているNPO団体。

多くのセレブから支持を受けていることでも有名です。

5位 最初の一歩が難しい

人慣れしてない猫が来たら。
外で生まれ、外で育って、人間のことは怖いものだと思って生きてきた猫さんに、人間との生活に慣れてもらうのは大変です。 家猫でも、自分の飼い主以外は怖い、嫌い、...

4位 こんなきれいなライオンを

スポーツハンティングの現実。アメリカの歯科医がジンバブエでライオンを密猟した件。
ジンバブエのワンゲ国立公園のちょっと外で起こった密猟事件について。 いったい何がどうなって 米ミネソタ州で歯科医院を営む歯科医師のウォルター・ジェーム...

2015年衝撃的だったセシルの事件。

この事件を知って、スポーツハンティングについてようやく何をしているのか理解しました。スポーツハンティングの需要はアメリカに集中しているそうですが、昨今のジビエ流行を見ていると、少し不安を感じます。

日本の場合は、生態系の頂点にいたオオカミが絶滅したため、草食獣の生体数が自然にコントロールできないという事情もありますが。

3位 キュート♥︎

アンナさんが超極太毛糸で編む猫ベッドが超キュート♥︎
こんな太い毛糸は見たことがありません ウクライナのアーティスト、アンナ・モーさんの素材はオーストラリア産100%メリノウールの超超極太毛糸。 この...

とっても人気のアンナさんのベッドのご紹介です。

2位 永遠の謎

猫さんの性格は、毛柄に影響される。
猫の毛柄と性格の関係は、猫飼い、猫好きにとっては楽しい話題ですよね。 我が家でいうと、リンデちゃんが茶白らしく人なつこいですし、プー少佐もサビ猫らしく甘えん坊でかわ...

猫の性格は毛柄に影響されるのか、されないのか。

猫医者の先生は、関係ないよ!って言ってますけど、私はやっぱり関係ある気がする…

1位 子猫の目に

猫風邪、眼球破裂、瞬膜癒着、眼瞼内反の子猫の話〈閲覧注意〉
※痛々しい写真が多いです。ご注意ください。 シナモンという猫の記録 2011年5月、生後6週間程度の子猫がうちにやってきました。 保護された時、すでに眼球は...

猫って目が弱いですよねえ。猫の魅力の20%くらいはあの大きなきれいな瞳なのに。

ホメオパシーは食事に1〜2滴足らすだけで猫の目のケアもできますので、こんなに酷くなくても、結膜炎君の猫さんのケアなどに取り入れてもらえたらと思います。

またそのうちホメオパシーの記事も書きますね。

というわけで、2015年12月の人気記事でした。今月もよろしくお願いします♥︎

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA