帰宅したらリビングで牛が待ってた。牛も可愛がるとこうなる。


cow-breaks-home-dog-brahman-beryl-2

オーストラリアで牧場を経営している、サリーさんが買い物から帰ると…

スポンサーリンク
ad

甘えん坊の子牛が可愛い

まるで子犬のようにサリーさん夫妻になついている子牛のベリル。

どのようにしてか、リビングに上がり込んだようです。

cow-breaks-home-dog-brahman-beryl-11

ベリルは何も壊したり、汚したりせず、穏やかに座ってサリーさんを待っていたそうです。

時代はもう牛まで家飼いなのか。

cow-breaks-home-dog-brahman-beryl-1

しかも香箱座り。

cow-breaks-home-dog-brahman-beryl-4

ベリルはサリーさんと旦那さんにめちゃくちゃに可愛がられていて、

cow-breaks-home-dog-brahman-beryl-3

2匹の子犬と一緒に育った。

cow-breaks-home-dog-brahman-beryl-6

ワンコ達とも大の仲良しで可愛い・・いやマジで・・

cow-breaks-home-dog-brahman-beryl-9cow-breaks-home-dog-brahman-beryl-10

え、これは牛なの? 牛のハラモフ??

cow-breaks-home-dog-brahman-beryl-14

牛が賢くて、可愛くて、体の大きさ以外はペットに最適とは聞いていたけれど、ここまでとは。いろいろ衝撃的なベリルさんなのでした。

〔スポンサーリンク〕

百姓貴族(4) (ウィングス・コミックス)

牛といえば、この漫画が思い浮かびます。

ご実家が北海道で酪農&農業をされている荒川弘さんの第一次産業エッセイ。

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA