[日記]記事選びのポリシー。


0713_04

昨年の11月以降、毎日更新を心がけるようになってから、自分の日常を書くだけでは間に合わなくて、海外サイトの記事紹介を挟むようになりました。

わたしの変化の少ない日常生活を一生懸命盛って記事にするよりも、海外ペット事情の紹介の方が、ずっと動物愛護に役立つよね??

というのが、このブログが動物ネタ紹介blogになった経緯なのですが、旧ブログ時代からこんな内容がメインになって半年、引っ越してから1ヶ月ほど更新して来て、記事の選択の際にポリシーみたいなものが出来て来たので、ちょっと書いておきます。

かわいいだけ、面白く楽しいだけ、には違和感

かわいい、面白く楽しいだけの動画は、猫ボラ活動しているものとして違和感を感じます。かといって、ウェットなのもNGとおもってます。

表現がよりフラットなもの、普通なものが好き、という自分の好みもありますが。

涙っぽくなく、大仰でなく、可愛すぎず、面白すぎず。

つまり、ペットショップで思わず動物を衝動買いすることを推奨しちゃうような記事は紹介しない、というのが最初のポリシーです。

海外ボラさんたちの活動、プロモーションは積極的に

動物愛護先進国である海外ボラさんたちが寄付を募るためのセルフプロモーション、ペットについての社会実験、科学的な知見などは、自分の勉強もかねて積極的に紹介するようにしています。

日本は、先進国の中では動物愛護に消極的、ということを良く言われていますけど、私もそう感じますので。

でも海外に比べて日本人が特に残酷であるとか、動物愛護に無関心、ということは思いません。あちこちのサイトを見て回ってると、目を疑うようなものに出会う事も多々ありますから。

楽しく、前向きな気持ちになれるものを

読んでもらって楽しい気分になってもらいたいし、動物愛護が広がっていくという希望を持ってもらいたいという気持ちがあるので、「だから日本はダメなんだ調」「人間は一度滅んだ方がいい調」のエントリは書かないようにしています。

最初に書いた「フラット」に共通ところかもしれませんが、私はそういう表現の仕方の方が座りが良く感じるのです。

いつか、動物愛護なんて当然のこととなるよう、淡々と、ぬるく、緩くやってこうと思います。

0713_01 0713_02このエントリの写真は、先週行った六本木ミッドタウンで撮影したものを脈絡なく使ってみました。

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA