野生動物の保護ついて考える。セシルの殺害が与えた衝撃。


cecil-lion-illegal-hunting-internet-backlash-walter-palmer-zimbabwe-9

ジンバブエのワンゲ国立公園で保護されていたはずのライオンが、スポーツハンティングという「趣味」によって殺害されたことは、多くの人に衝撃を与え、野生動物保護について改めて考える切っ掛けになりました。

写真は、アメリカでノンフィクション系の映像コンテンツを制作・放送しているディスカバリーチャンネルが、野生動物保護を訴える同社のコンテンツのプロモーションとして、エンパイアステートビルのファサードに映し出した絶滅危惧種のリアルな映像です。

empire-state-projection-endangered-animals-nyc-28

empire-state-projection-endangered-animals-nyc-35

empire-state-projection-endangered-animals-nyc-29 (1)
empire-state-projection-endangered-animals-nyc-21 empire-state-projection-endangered-animals-nyc-19 empire-state-projection-endangered-animals-nyc-10 empire-state-projection-endangered-animals-nyc-6

ウォルター・パルマーによって殺害された雄ライオンのセシルの姿も。

empire-state-projection-endangered-animals-nyc-37

下・動画はこちら。3Hあるので、ご注意。

赤いハートにtyのマークでおなじみ、ぬいぐるみメーカーのty incは、同社のブランド「ビーニーベイビーズ」シリーズにセシルを追加。セシルの売り上げはすべてオックスフォード大学の野生動物保護ユニットに寄付されます。

toy-cecil-beanie-baby-1

アメリカで9月から発売予定だそうです。5.99ドルっていうから、日本円で750円くらいかな。

セシルの死によって、スポーツとして、合法的に、ワシントン条約で保護されている動物が狩られているということ。スポーツハンティングというものが、具体的にどのように行われるものかが、浮き彫りにされました。

今後このような「趣味」について、もっとしっかり考えていきたいと思います。

しかし、あんなに卑劣なものの何がスポーツなのかちっともわかりませんね…

転載元:boredpanda

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA