猫さんの性格は、毛柄に影響される。


猫の毛柄と性格の関係は、猫飼い、猫好きにとっては楽しい話題ですよね。

我が家でいうと、リンデちゃんが茶白らしく人なつこいですし、プー少佐もサビ猫らしく甘えん坊でかわいい、という話題を数えきれないくらいブログに書いていると思います。

わたしのつたない知識とおぼろな記憶によると、

  • 猫の色素を決定する遺伝子は、性染色体上にある
  • さらに性格を決定する遺伝子の座標が色素遺伝子と近い
  • 猫の毛柄と性格には結構強めの因果関係がある

という理由で、猫の性格と毛柄・色は関連するらしい。おもしろいね。

といってもネコの性格も人間と同じく、後天的・環境的な要素に左右されるものです。あくまで参考程度のネタ、ということでよろしくお願いします。

参考文献は 猫だって笑う・小学館文庫・岩崎るりは著・2007年です。あとわたくしのの独断と偏見で。

スポンサーリンク
ad

猫の毛色・毛柄別性格の印象まとめ

bella67 / Pixabay

黒〜焦げ茶

気が強い上にガンコ。一本芯の通った性格。ちなみに身体も筋肉質で丈夫です。

cocozi / Pixabay

優美で繊細で賢く、可憐で細やか。見るからに神々しく、王子様・お姫様のようだが、性格もそんな感じ。

AllAnd / Pixabay

グレー

穏やかで寛容、時々内気な性格の子も黒猫ほどは気が強くなく、白猫ほどデリケートでもない、その中間。

byapryl / Pixabay

シルバー(基本白毛+毛先のみ黒orグレー)

繊細な甘えん坊。気位が高くてわがままな一面もあります。いわゆるツンデレ。

Irisdepiris / Pixabay

白黒ぶち

頭が良くて甘ったれ。柔和な性格だが、快活で、身体が丈夫。

OrsiO / Pixabay

茶トラ

のんびり、やさしい性格。でも時々、ちょっとぐうたらな時もある。愛嬌のある猫。

TeamK / Pixabay

茶白

頭がよくて愛情深い。ブチに縞があると陽気な性格が加わる。白い部分が多いと気むずかしい性格になることがある。

stormbringerser / Pixabay

鯖トラ

一番野性味の強い毛柄で、待ち伏せ型の狩りをする猫としての本能が一番強く残っている猫。忍耐強い。
しかし、友好的で陽気な性格でもある。

clausjuntke / Pixabay

鯖白

鯖トラをちょっと上品にして、白猫の賢さを加えた性格。一番飼いやすいタイプ。

pikabum / Pixabay

三毛

愛情深く、愛嬌たっぷりで、わがままだけど憎めない。ぶちに縞がない子はかなりのお嬢様気質で、気位が高い。ブチに縞があるほうが、扱いやすい性格。美猫が多い。

angmf42 / Pixabay

サビネコ(トーティ、トーティシェル)

品行方正で賢く、気立てが良い甘えん坊。繊細で、飼い主に対する独占欲が強い。

[スポンサーリンク]




みなさんのおうちの猫さんの性格は、いかがですか?
男の子女の子で違う事もあるし、まったく当てはまらない子もいますよね。

そういう子もフリーダムで愛おしいのよー。

ちなみに我が家では、マルゴが、白ブチラグドールミックスとは思えない、大胆不敵で粗忽な暴れん坊娘です。
だがそれがいい♥️

スポンサーリンク
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA